配当金源泉税ガイド

配当金源泉税・配当金確定申告に必要となる控除制度や計算式・税率などわかりずらい源泉税のしくみを初心者向きに解説。

◆源泉納付書はどこでもらうの?登録配当等の所得税徴収高計算書の解説

◆源泉税納付書はどこでもらうの?
 個人で株式投資をしている場合に自分で確定申告を行う場合は配当所得に関する所得税と住民税(地方税)の納付義務が生じます。
 納付の際は納付書に配当金額と課税対象となる金額を記載剃る必要があります。
 尚、配当所得に関する納付書は税務署の窓口で交付してもらうことができます。
 配当所得に対する課税は総合課税となるため上場企業の場合と非上場企業の場合で税率は異なりますが住民票で登録されている住所の管轄エリア内にある税務署に行くと良いでしょう。

 尚、納付書の正式名称は「登録配当等の所得税徴収高計算書」と記載されている納付書が必要となります。

(続きを読む…)

◆配当には現金配当と株式配当の2つの種類がある

◆配当金とは?
 配当とは、企業が営業活動で得た利益を決算期ごとに株主へ分配する事です。
 株主は出資比率に応じて、配当を受ける権利を持っております。
 この配当には現金配当と株式配当の2つの種類があり、一般的に配当という場合は、現金配当の事を指します。

(続きを読む…)